ラカンのよみもの

プチラカン2018を終えて

2018年9月25日

「プチラカン2018」の制作を終えたラカンスタッフのコメントを掲載します。

******

何年振りかの徹夜を経験した今年のプチラカン。還暦を前にまさかこんな目に遭うなんてこの春、13年振りに男性スタッフがラカンに仲間入り。取材時、いろんなお店の店主に可愛がられ、ビールやお酒をすすめられ、嬉しそうにおいしそうに飲み干して、幸せそうな顔をしてたっけ。店を訪ねると街の面白さがわかってくる。街は店と人とでつくられている、と再認識した秋のはじまり。 朱

 

今年のプチラカンは久々に私、スタッフ松下の手を離れ、若いスタッフ2名と社長を中心に進められました。男性スタッフの今津は初のプチラカンということもあり、3人は連日深夜までの作業が続いたのですが……。入稿日(印刷に出す日)の朝、事務所のドアを開けると何やら異様な雰囲気。え、笑ってる?みんなヘラヘラ笑ってる!!徹夜した3人は何が面白いのか満面の笑顔でデータの確認を行っていたのでした。その後も確認作業に参加した私をよそにヘラヘラ笑い続ける3人の動画を、いつかSNSで公開できればと考えています。 松下

 

プチラカン製作期間中はバタバタで、飼い犬の散歩に出かけるのに犬を忘れたり、最大規模の台風の中自宅で連絡を取り合いつつの制作。入稿直前徹夜のハイテンションで笑いが止まらなくなったり…と日常では味わえない経験がたくさんできました。出前をとるのも初めてで、”おかもち”を見てはしゃいでいたのが懐かしいです。 中家

 

初めて参加したプチラカン、取材の中で「地元なのに知らないお店や人々がまだまだあるんだ」ということに気付きました。ぼく自身もプチラカンを持って、紀南地方を遊び尽くしたいと思いました。街で絶滅危惧種を見かけた際には、一言、もとい、一杯をお願いいたします。 今津

今年のプチラカンの表紙、みなさんなにかわかりました???
ラカンは今年18周年です!18周年…18th…anniversary…ほら、なにか見えてきませんか?
イカの足は10本、タコの足は8本!Tatsunootosigo! Hugu!!ハープにはよく見るとanniversaryの文字が。

シェア