テレビや雑誌・インターネットなどで溢れるほどの情報を持っている生活者に対して、 作り手から発信される従来の商品紹介や案内だけでは消費の拡大はむずかしくなっています。 まず、生活者が何を求めているのかを知る必要があります。それらを把握した上で商品開発をし、 求められているサービスを提供することが売り上げにつながると考えられます。


購買決定権の80%を握っているのは「女性」といわれている時代です。私たちは20代〜 60代のラカンモニターを活用してアンケート調査やグループインタビュー、座談会、商品 のモニタリング、交流会などを実施。そこから出てきた生活者の生の意見をお客様に届けています。